B型肝炎で訴訟を行う人の数

中には症状が出ない事もあり、B型肝炎になっている事に対して気がついていない人もいる様ですね。

B型肝炎の中でも小さい時の予防接種が原因の場合には、訴訟を行い無事に認められると、給付金を受け取る事ができます。

推定では、B型肝炎で訴訟を行う事ができる人は全国にたくさんいると考えられていますが、実際に訴訟を起こし和解となった人の数は多くはないそうです。もしかすると、自分もその中の一人なのではないかと思った場合には、弁護士などに相談して給付金を受け取れる様に手続きを進めるといいでしょう。

基本合意が成立してからまだ数年程度しか過ぎていませんので、該当しているにも関わらず知らない家族がいれば教えてあげたいですね。