TOP B型肝炎給付金 肝炎訴訟 B型肝炎訴訟 B型肝炎 訴訟費用 B型肝炎で訴訟を行う人の数

目次

  1. B型肝炎で訴訟を行う人の数
  2. B型肝炎の訴訟を起こす
  3. B型肝炎訴訟は勝訴のハードルが低い
  4. B型肝炎訴訟を起こすには弁護士に相談をしてください
  5. B型肝炎訴訟と国の責任
  6. 日本におけるB型肝炎訴訟
  7. 早い時期にB型肝炎給付金の手続きを行う

B型肝炎で訴訟を行う人の数

中には症状が出ない事もあり、B型肝炎になっている事に対して気がついていない人もいる様ですね。

B型肝炎の中でも小さい時の予防接種が原因の場合には、B型肝炎訴訟を行い無事に認められると、給付金を受け取る事ができます。

推定では、B型肝炎で訴訟を行う事ができる人は全国にたくさんいると考えられていますが、実際に肝炎訴訟を起こし和解となった人の数は多くはないそうです。もしかすると、自分もその中の一人なのではないかと思った場合には、弁護士などに相談して給付金を受け取れる様に手続きを進めるといいでしょう。

基本合意が成立してからまだ数年程度しか過ぎていませんので、該当しているにも関わらず知らない家族がいれば教えてあげたいですね。

B型肝炎の訴訟を起こす

関わりのない人にとっては興味のない問題かも知れませんが、これまでの集団予防接種で、注射器が使い回されたことが原因となり、B型肝炎になってしまった人は多くいます。この事は非常に大きな問題となっていて、国を相手にB型肝炎訴訟が起こされています。

証拠とする書類などを提出することで、認められることとなりますが、そのことによってB型肝炎給付金を受け取ることが可能になります。

さまざまな人が発症している可能性がありますので、こころあたりがある人は一度調べることが必要でしょう。大阪や神戸などの弁護士が相談にのってくれますので、頼ることができるでしょう。

B型肝炎訴訟は勝訴のハードルが低い

高額の給付金を受け取れるB型肝炎訴訟は、勝訴するためのハードルが低い訴訟です。

国を相手に提訴を行い、集団予防接種によってB型肝炎に感染したことが証明できれば、給付金が受給できます。証明のための必要資料は決められており、資料さえ集められれば、提訴した時点で勝訴はほぼ確実と言えます。

もし必要資料が集められなくても、腕利きの弁護士に依頼すれば、必要条件を満たした代替資料を用意してくれる可能性があります。提訴のための資料や、必要条件に関しては、弁護士事務所に相談すればわかります。気軽に相談してみると良いでしょう。

B型肝炎訴訟を起こすには弁護士に相談をしてください

お母さんがB型肝炎ウイルスに感染していて、出産の時に産道出血を伴うことで新生児に感染した母子感染、予防接種を幼少期に受けたときに、注射器を使いまわしにしたことによって、感染したしまった方などは、国に対して損害賠償を求める裁判を起こすことができます。それをB型肝炎訴訟といいます。

B型肝炎訴訟を起こすには、弁護士に相談をして、持続感染をしている事を証明しなくてはいけません。証拠書類となるのは、カルテや母子手帳などです。これらの証拠を集めるたら、裁判を起こすことができて、約1年程度で給付金を受給することができます。

B型肝炎給付金の額は、人それぞれで大きく異なります。

B型肝炎訴訟と国の責任

B型肝炎は、昭和63年頃まで行われていた、集団予防接種時の注射針の使い回しや、針は替えても筒を替えないことによって、感染が拡大したという歴史があります。

この事実は戦前より知られており、WHOからも勧告を受けていましたが、当時の厚生省は使い回しを黙認し続けていました。このことで、被害者が多数生じさせることとなりました。

この被害者たちが国に損害賠償を求め、全国各地で起こした訴訟がB型肝炎訴訟です。長い期間続きましたが、結果的に国は責任をとり、B型肝炎給付金というかたちで全国各地の感染被害者の人々へ補償を行う結果となりました。

日本におけるB型肝炎訴訟

日本国内においてB型肝炎の感染者は110から140万人と言われています。このうち昭和23年から63年までに受けた集団予防接種による注射器使いまわしが原因でB型肝炎ウイルスに感染した人は40万人を超えるともされています。

肝臓は沈黙の臓器とも呼ばれ、ある日突然症状が発生するとても恐ろしい病気です。このような歴史的背景により国は責任を認め、B型肝炎ウイルスに感染した人には国から給付金が支払われるようになりました。

これの支払い対象になるかどうかは裁判所で判断します。国を相手にB型肝炎訴訟を起こし、国と和解を行うことで給付金を受け取れるようになります。

早い時期にB型肝炎給付金の手続きを行う

確かに、時期を過ぎなければ、B型肝炎給付金は好きなタイミングで手続きを行う事ができます。しかし、可能であれば、時期に関係なく忘れない間にB型肝炎給付金の手続きを行うといいでしょう。

早くB型肝炎給付金の手続きを行うと、受け取り時期も早くなります。そのため、時期が過ぎそうになってようやく対応するのではなく、すぐにB型肝炎給付金の対応を行う事が大事です。

早い時期にB型肝炎給付金の受け取りを行うと、慌てて対応する必要はありません。手続きは難しそうに感じる事もあるでしょう。

しかし、弁護士相談を受け取る事で、代行してくれる部分も多いため、負担なく対応する事ができるでしょう。

訴訟について詳しい弁護士とB型肝炎給付金の関連記事

メニュー

B型肝炎の給付金についてTOP 肝炎訴訟 B型肝炎給付金 B型肝炎訴訟 B型肝炎訴訟 弁護士 B型肝炎 訴訟費用 B型肝炎給付金 大阪 過払い請求

当サイト「B型肝炎の給付金について」へのお問い合わせはこちら。B型肝炎訴訟についての詳しい情報やB型肝炎給付金請求の説明会は法律事務所や大阪の弁護士事務所をチェックしてみましょう。さまざまな案件に強い弁護士が在籍する大阪の法律事務所を探そう。