TOP 肝炎訴訟 B型肝炎訴訟 B型肝炎給付金 B型肝炎給付金 大阪 知っておきたいB型肝炎の訴訟費用

目次

  1. 知っておきたいB型肝炎の訴訟費用
  2. B型肝炎の給付金制度について
  3. B型肝炎の給付金を受け取る条件について
  4. B型肝炎の給付金をもらう条件
  5. 追加で請求するB型肝炎給付金の事例
  6. 事例とは異なるB型肝炎給付金
  7. 弁護士事務所で異なるB型肝炎訴訟の際の弁護士費用
  8. 後払いが可能なB型肝炎訴訟の弁護士費用

知っておきたいB型肝炎の訴訟費用

全体的な流れとしては、訴訟をして国からB型肝炎の救済を受けるという事になりますので、その際には訴訟費用が必要になってきます。

B型肝炎の訴訟費用については、一部を国が負担してくれるそうですが、それ以外は自分で支払わないといけない費用もあると考えられます。

B型肝炎の訴訟費用については事前に調べて、実際に裁判となる時にはしっかりと知っておきたいですね。弁護士を通して行うのであれば、弁護士に対して支払う費用も必要になってきますので、その事も忘れてはいけませんね。

最近では必要な費用を明確にしている弁護士も増えている様ですので早い段階で頭に入れておく様にしたいですね。

B型肝炎の給付金制度について

B型肝炎の給付金制度は、過去におこなわれていた集団予防接種が原因となり、B型肝炎ウイルスに感染した方と、その方から母子感染した方を対象とした、制度のことを指します。

国から病態に応じた金額が支払われるのですが、大体50万円から3600万円といわれています。B型肝炎給付金を受け取るためには、所定の要件を満たしていることを、裁判所で確認する必要があります。

そのため、国家賠償請求訴訟を提起して、国との和解をおこなう必要があるのです。さらに、助成金制度もあり、これを利用することで月々に治療費を受け取ることができます。

B型肝炎の給付金を受け取る条件について

B型肝炎ウイルスに感染した場合、集団予防接種との因果関係が認定されるとその病態区分に応じたB型肝炎給付金を受け取ることが可能です。

対象者は、4つの条件を満たすことが必要であり、1つめはB型ウイルスに持続感染をしていること、2つめは満7才になるまでに集団予防接種を受けていること、3つめは昭和23年から昭和63年の間に集団予防接種を受けたことがある人、4つめは集団予防接種を除いて感染原因として考えられるものがないことです。

これらを満たした場合は、病態に応じて50万から3600万のB型肝炎給付金を受け取る権利が発生します。

B型肝炎の給付金をもらう条件

特定の期間でB型肝炎になってしまった人は、B型肝炎給付金を受け取ることができます。その期間は昭和23年の7月1日から昭和63年の1月27日までのことを指していて、集団予防接種などでB型肝炎ウイルスに感染してしまった人が対象として行われています。

ちなみにB型肝炎の症状を発症していない人もその場合であれば対象になります。但し、それが証明できる必要があります。一次感染者であることを証明するための要件、というのがありますからこれを確認してみましょう。

さらに二次感染に関することもありますから、そちらも知っておきましょう。

追加で請求するB型肝炎給付金の事例

実際のB型肝炎給付金の事例においては、多種多様なケースがあります。B型肝炎給付金の事例においては、追加で請求したというケースもあります。というのも、一度だけB型肝炎給付金を受け取った事例が多いですが、その後に症状が悪化してしまったケースというのもあります。

その場合には、追加となるB型肝炎給付金を受け取った事例もあります。この様なB型肝炎給付金の事例を見ていると、もう少し後で手続きをした方がいいのではないかと思う人もいるかと思いますが、追加で請求する事もできますので、できるだけ早めに手続きを済ませておく事をおすすめします。受け取った後の症状に変化はありませんか。

事例とは異なるB型肝炎給付金

必ずしも、B型肝炎給付金の受け取りについては、事例通りになるという分けではありません。また、B型肝炎給付金の受け取りの事例と言っても、いろんなケースがあり、それぞれ金額が異なります。

ですので、B型肝炎給付金の事例については参考にする事ができますが、自分と同じケースというのは見当たらない事もあります。

B型肝炎給付金の事例について、詳しく状況が説明されている場合には、分かりやすいですが、詳細が記載されていない場合には分からない事も多いでしょう。

B型肝炎給付金の受け取りに向けて大事な事は、事例を参考にしながら、手続きを行ってくれる弁護士を探して相談する事だと思われます。

弁護士事務所で異なるB型肝炎訴訟の際の弁護士費用

すべての法律事務所において、B型肝炎訴訟の際の弁護士費用は同じではありません。B型肝炎訴訟の際の弁護士費用は、それぞれの法律事務所が自由に定めています。

そのため、法律事務所に相談する際には、B型肝炎訴訟の際の弁護士費用を調べる必要があります。B型肝炎訴訟の際の弁護士費用は、聞かないと分からない分けではなく、ホームページで公開している事が多い様です。

B型肝炎訴訟の際の弁護士費用を確認した上で、問題ないと思われる場合に、その法律事務所に連絡するという事もできます。

また、ホームページでは、費用以外にも、相談する上で大事な情報がたくさん紹介されているため、目を通しましょう。

後払いが可能なB型肝炎訴訟の弁護士費用

先にB型肝炎訴訟の弁護士費用を支払う余裕がないという人もいるでしょう。B型肝炎訴訟の弁護士費用については、先ではなく、給付金を受け取った後で支払う事ができる料金システムを採用している法律事務所も少なくありません。

B型肝炎訴訟の弁護士費用を後払いできれば、立て替える必要もありません。B型肝炎訴訟の弁護士費用の負担が大きすぎるとハードルは高くなります。

B型肝炎訴訟の弁護士費用については、支払うタイミングだけではなく、給付金の金額を上回る金額を支払わなくていい料金体系となっている事が多い様です。

まだ、何も行っていないという人は、法律相談を受けた上で解決を目指しましょう。

原因を知るB型肝炎訴訟と給付金の関連記事

メニュー

B型肝炎の給付金についてTOP 肝炎訴訟 B型肝炎給付金 B型肝炎訴訟 B型肝炎訴訟 弁護士 B型肝炎 訴訟費用 B型肝炎給付金 大阪 過払い請求

当サイト「B型肝炎の給付金について」へのお問い合わせはこちら。B型肝炎訴訟についての詳しい情報やB型肝炎給付金請求の説明会は法律事務所や大阪の弁護士事務所をチェックしてみましょう。さまざまな案件に強い弁護士が在籍する大阪の法律事務所を探そう。