知っておきたいB型肝炎の訴訟費用

全体的な流れとしては、訴訟をして国からB型肝炎の救済を受けるという事になりますので、その際には訴訟費用が必要になってきます。

B型肝炎の訴訟費用については、一部を国が負担してくれるそうですが、それ以外は自分で支払わないといけない費用もあると考えられます。

B型肝炎の訴訟費用については事前に調べて、実際に裁判となる時にはしっかりと知っておきたいですね。弁護士を通して行うのであれば、弁護士に対して支払う費用も必要になってきますので、その事も忘れてはいけませんね。

最近では必要な費用を明確にしている弁護士も増えている様ですので早い段階で頭に入れておく様にしたいですね。

B型肝炎の給付金制度について

B型肝炎の給付金制度は、過去におこなわれていた集団予防接種が原因となり、B型肝炎ウイルスに感染した方と、その方から母子感染した方を対象とした、制度のことを指します。

国から病態に応じた金額が支払われるのですが、大体50万円から3600万円といわれています。B型肝炎給付金を受け取るためには、所定の要件を満たしていることを、裁判所で確認する必要があります。

そのため、国家賠償請求訴訟を提起して、国との和解をおこなう必要があるのです。さらに、助成金制度もあり、これを利用することで月々に治療費を受け取ることができます。

B型肝炎訴訟をするリスクもある

訴訟を起こしていくリスクは当然のようにあります。そのリスクを考えてでも、B型肝炎は弁護士に相談して行っていくこととなるでしょう。

簡単にできる方法でもありませんし、確実に認められる可能性も高いと言えません。それでも給付金のためには、行っていくことが重要になっています。

B型肝炎の場合は、症状が大きくなっていく可能性も高いですし、これ以上の問題を起こしたくないと思っている方も多くいます。弁護士も配慮して考えてくれるようになりますので、場合によってはB型肝炎訴訟によっていい思いができます。リスクもあるのでしっかり考えましょう。

B型肝炎の給付金をもらう条件

特定の期間でB型肝炎になってしまった人は、給付金を受け取ることができます。その期間は昭和23年の7月1日から昭和63年の1月27日までのことを指していて、集団予防接種などでB型肝炎ウイルスに感染してしまった人が対象として行われています。

ちなみにB型肝炎の症状を発症していない人もその場合であれば対象になります。但し、それが証明できる必要があります。一次感染者であることを証明するための要件、というのがありますからこれを確認してみましょう。

さらに二次感染に関することもありますから、そちらも知っておきましょう。

原因を知るB型肝炎訴訟と給付金の関連記事

当サイト「B型肝炎の給付金について」へのお問い合わせはこちら。B型肝炎訴訟についての詳しい情報やB型肝炎給付金請求の説明会は法律事務所や大阪の弁護士事務所をチェックしてみましょう。さまざまな案件に強い弁護士が在籍する大阪の法律事務所を探そう。