B型肝炎の原因と訴訟の問題

B型肝炎というのは、このウィルスにかかっている人の血液や体液を介して観戦する病気であり、母子感染や水平感染が主な感染原因とされています。

母親がB型肝炎に感染しており、その時にお腹に赤ちゃんがいる場合においては観戦するリスクが高まります。

また、輸血や注射針の使い回しによって観戦するリスクが高まります。

B型肝炎の問題点は、非加熱製剤によって輸血を経路として感染してしまうという問題点です。

現在、肝炎訴訟問題へと発展しており、国と製薬会社は争う構えを崩していません。原告側も和解案を拒否し平行線となっています。

B型肝炎訴訟と給付金の制度について

B型肝炎給付金は集団予防接種の際に注射器の使い回しのせいでB型肝炎ウイルスに感染してしまった人に対して国から支払われる損害賠償金のことを指します。

決められたB型肝炎訴訟手続きを行うことで程度ごとにお金をもらうことが出来ます。なお、給付金を受け取るためにはいろいろな条件があり、それに当てはまらなければもらうことが出来ません。患者全員がもらえるわけではないということを注意しておきましょう。

また、好きな時にもらえるというわけではなく経過時間によっては支払われなくなるので、該当する人は急いでB型肝炎訴訟手続きを行う必要性があるのがこのB型肝炎給付金という制度です。

B型肝炎の感染率が高い人

B型肝炎の感染リスクが高い人は、どのような人なのでしょうか。急性肝炎になる人は、そのほとんどが針刺し事故や性行為です。従って、注射針に触れることが多い看護師や医師や臨床検査技師などの医療従事者、救命救急士が感染率が高いハイリスクグループです。

B型肝炎は慢性化や劇症化することはありますが、C型肝炎と違ってHBワクチンによって感染を予防することが可能です。原則として3回を1クールとしてワクチン接種を行います。針刺し事故に遭った場合は、事故発生後48時間以内に抗HBヒト免疫グロブリンを投与します。肝機能を調べて経過観察することも、大切です。

医療従事者や救命救急士以外では、HBVキャリアの配偶者や家族、薬物中毒で注射を行っている人、同性愛者がハイリスクグループにあげられています。