TOP B型肝炎の原因と訴訟の問題

目次

  1. B型肝炎の原因と訴訟の問題
  2. B型肝炎訴訟するなら弁護士?
  3. B型肝炎訴訟と給付金の制度について
  4. B型肝炎の感染率が高い人
  5. 弁護士に相談してB型肝炎訴訟を行おう
  6. B型肝炎訴訟を弁護士に相談するメリット
  7. B型肝炎訴訟が今では

B型肝炎の原因と訴訟の問題

B型肝炎というのは、このウィルスにかかっている人の血液や体液を介して観戦する病気であり、母子感染や水平感染が主な感染原因とされています。

母親がB型肝炎に感染しており、その時にお腹に赤ちゃんがいる場合においては観戦するリスクが高まります。

また、輸血や注射針の使い回しによって観戦するリスクが高まります。

B型肝炎の問題点は、非加熱製剤によって輸血を経路として感染してしまうという問題点です。

現在、肝炎訴訟問題へと発展しており、国と製薬会社は争う構えを崩していません。原告側も和解案を拒否し平行線となっています。

B型肝炎訴訟するなら弁護士?

B型肝炎訴訟という言葉はTVのニュースなどで聞いたことがある方は多くいらしゃるでしょう。また、B型肝炎給付金請求という言葉はもっと知っている方は多いでしょう。

いろいろな弁護士がTV CMで宣伝をしているからだと思います。ではどんな方が国から給付金を貰えるのか?というと簡単に言うと昔、国が全国で行った予防接種が原因でB型肝炎になった方ということになります。

なぜ、今頃なのか?というとずっと国と被害者が裁判を通して戦っていたからです。そして、この訴訟において被害者が勝ったためにその後、B型肝炎に対して給付金を支払うということになったのです。

そのことに関しては厚生労働省のホームページにも記載されています。詳しい内容が知りたい方はそちらを見るといいでしょう。

ただ、かなりの内容が書かれているので完全に理解するのは大変かもしれません。

また、ホームページのページ自体はそれほどの分量ではありませんが、それに関する添付資料は莫大な量になります。すべてを見るのにはかなりの時間がかかるでしょう。

興味を持った方はすべての添付ファイルをプリントアウトしてみたらわかります。きっと途中でやめてしまうと思います。

もし、あなたがB型肝炎被害者の関係者であった場合でもこれをすべて理解することは非常に大変です。また、この権利を求めるにはいろいろな資料作成や手続きが必要になります。

そのための作業も完全に素人が自力でするには結構大変かもしれません。そういうこともあって多くの方が弁護士を利用します。

この厚生労働省のホームページには弁護士団のサイトへのリンクもあります。その全国の弁護士団のホームページから各地域の弁護士団のホームページにリンクがあります。

そして各弁護士団を構成している弁護士の紹介やこの給付金請求についての記載があります。このホームページをみるとどこに連絡すると話を聞いて頂けるのか?はわかります。

このページを見るだけで一安心する方も少ないくないでしょう。ただ、掲載されている弁護士が近くにあるとは限りませんのでその際は連絡して相談するのもいいでしょう。

また、この弁護士団以外でB型肝炎給付金請求を得意としている弁護士を利用するのもいいでしょう。

B型肝炎訴訟と給付金の制度について

B型肝炎給付金は集団予防接種の際に注射器の使い回しのせいでB型肝炎ウイルスに感染してしまった人に対して国から支払われる損害賠償金のことを指します。

決められたB型肝炎訴訟手続きを行うことで程度ごとにお金をもらうことができます。なお、給付金を受け取るためにはいろいろな条件があり、それに当てはまらなければもらうことができません。患者全員がもらえるわけではないということを注意しておきましょう。

また、好きな時にもらえるというわけではなく経過時間によっては支払われなくなるので、該当する人は急いでB型肝炎訴訟手続きを行う必要性があるのがこのB型肝炎給付金という制度です。

B型肝炎の感染率が高い人

B型肝炎の感染リスクが高い人は、どのような人なのでしょうか。急性肝炎になる人は、そのほとんどが針刺し事故や性行為です。従って、注射針に触れることが多い看護師や医師や臨床検査技師などの医療従事者、救命救急士が感染率が高いハイリスクグループです。

B型肝炎は慢性化や劇症化することはありますが、C型肝炎と違ってHBワクチンによって感染を予防することが可能です。原則として3回を1クールとしてワクチン接種を行います。針刺し事故に遭った場合は、事故発生後48時間以内に抗HBヒト免疫グロブリンを投与します。肝機能を調べて経過観察することも、大切です。

医療従事者や救命救急士以外では、HBVキャリアの配偶者や家族、薬物中毒で注射を行っている人、同性愛者がハイリスクグループにあげられています。

弁護士に相談してB型肝炎訴訟を行おう

B型肝炎感染者の方なら、国からの給付金が受け取れる可能性は高いです。受給の大まかな条件は、集団予防接種が感染の原因であることです。

一次感染者の受給が認められれば、その子供である二次感染者、孫である三次感染者にも、受給の可能性が発生します。ただし、受給のためには国を相手にB型肝炎訴訟を起こさなくてはなりません。

B型肝炎訴訟の準備には大変な手間と時間がかかりますので、まずは大阪の弁護士事務所に相談をしてみましょう。必要書類の収集や、各種手続き、裁判所への出廷まで、全ての作業を代行してくれます。弁護士費用は、国との和解成立後の成功報酬する事務所がほとんどなので、安心して相談できます。

B型肝炎訴訟を弁護士に相談するメリット

幼少期の集団予防接種を受けた際に、連続使用された注射器によってB型肝炎に感染してしまった人が出るという歴史がこの日本にはあります。この賠償を求めてB型肝炎訴訟を起こし、国からの給付金を受けられる制度があり、裁判上で和解が成立した人に対して支払いが行われるようになりました。

認定を受けるためには、訴訟の提起や申し立てが必要で、手続きを弁護士に依頼することができます。様々な段階を踏む作業が必要になるため、個人での手続きだと時間も労力も必要となります。医療機関から救済要件を満たしていることを証明するための情報を集めたり、国との和解協議を弁護士に依頼すれば手続きもスムーズになり患者の負担も減ります。

B型肝炎訴訟が今では

昔はいろんな病気や感染者にあまり敏感ではありませんでした。また、予防接種もなかった為、次から次へと感染者が増えていく歴史がありました。その中でも1番問題となっていたのはB型肝炎訴訟です。

昔は節約のために注射器を使い回していたこともあり、血液感染するB型肝炎が一時期流行しました。そのため、病気にならなくてよかった人達が感染していきました。それもあり、病院側で感染者を広めてしまったのもあり、給付金にて対処していくようになりました。

それでも今でもまだ感染して辛い治療を受け続けている人達もいます。これからはこういったことにならないように気をつけていかなければいけません。

訴訟について詳しい弁護士とB型肝炎給付金の関連記事

メニュー

B型肝炎の給付金についてTOP 肝炎訴訟 B型肝炎給付金 B型肝炎訴訟 B型肝炎訴訟 弁護士 B型肝炎 訴訟費用 B型肝炎給付金 大阪 過払い請求

当サイト「B型肝炎の給付金について」へのお問い合わせはこちら。B型肝炎訴訟についての詳しい情報やB型肝炎給付金請求の説明会は法律事務所や大阪の弁護士事務所をチェックしてみましょう。さまざまな案件に強い弁護士が在籍する大阪の法律事務所を探そう。