B型肝炎訴訟の手続き

B型肝炎訴訟の手続きはたくさんの書類の準備と作成が必要になります。提訴は個人で行うことも可能ですが、できれば弁護士に依頼したいところです。

弁護士に依頼した時の訴訟費用として、相談料や契約を結んだときの着手金、調査時の交通費や書類郵送にかかる切手代などの実費、和解の際に支払う成功報酬などがあります。

B型肝炎訴訟の場合、弁護士に対する一部の費用を国が負担してくれる他、相談や着手金を無料にしている法律事務所もあります。

裁判所に行く必要がある時にも、弁護士が代理として出頭してくれるので、かなりの時間の節約になります。