全国的なB型肝炎での訴訟費用の問題です

全国的な問題となりました、B型肝炎ウイルスに感染した人に対しては、国が責任を認め、一定の条件を満たしている場合は、最大3,600万円の給付金をしはらうこととなっています。

ただし、給付金を受け取るためには、裁判でもって、集団予防接種を受けた事実があることを明らかにしなければならないと定められています。そこで、B型肝炎ウイルス感染の給付金をもらうために、裁判を起こす必要があるのです。

裁判となると、問題になってくるのは、多額の訴訟費用です。これに関しては、弁護士費用の一部を国が負担することになっており、感染者の負担軽減に寄与しています。