B型肝炎訴訟と公費での治療の対象者

B型肝炎の患者が起こした訴訟については、マスメディアを通じて多くの消費者の間で広まってきており、キャリアの可能性がある人にとっては、きちんと情報を得ることが求められています。

特に、B型肝炎の治療に当たっては、対象者に対して公費での治療を受けることができる制度が万全に整えられているため、費用の負担を軽減するためにも、こうした制度の内容を把握することが大切です。

B型肝炎に関する訴訟は、国と被害者との間ですでに和解が成立していることもあり、これからの展開についても多くの人々の間で注目が集まっています。

給付金の問題はB型肝炎で起こりやすい

実際に給付金を受け取りたい人が、意外と問題が起きているように感じたり、金額面で不満を抱えてしまう傾向が多いのもB型肝炎になります。

問題とされている部分でもありますから、避けたい傾向もあるのですが、弁護士に頑張ってもらっても解決しづらい傾向もあります。トラブルを避けるためにB型肝炎訴訟を起こして、明確なラインを決めてもらうのは良いことですが、あまりいい状況に持っていけない可能性もあるようです。

それでもB型肝炎給付金を受けられるようになるだけで、安心できる要素はしっかりと作られていますので、受け取れるならもらってください。

B型肝炎感染者は弁護士に訴訟の相談を

持続感染しているのは、お母さんがB型肝炎に感染していて、出産時に新生児が感染する母子感染と、幼少期に予防接種をした時に注射器を使いまわしたことで、感染した1次感染者のどちらかです。

国に対し損害を求める裁判をB型肝炎訴訟といい、訴訟を起こす場合は、大阪の弁護士事務所や法律事務所に相談をして持続感染をしていることを証拠しなくてはいけません。カルテや母子手帳などの証拠書類を集めることにより、裁判を起こすことができて、1年程度で給付金を受け取れます。

B型肝炎給付金の額は、症状などで変わりますが、日本には数百万人もの対象者がいるとされています。

B型肝炎の給付金を受け取る条件について

B型肝炎ウイルスに感染した場合、集団予防接種との因果関係が認定されるとその病態区分に応じた給付金を受け取ることが可能です。

対象者は、4つの条件を満たすことが必要であり、1つめはB型ウイルスに持続感染をしていること、2つめは満7才になるまでに集団予防接種を受けていること、3つめは昭和23年から昭和63年の間に集団予防接種を受けたことがある人、4つめは集団予防接種を除いて感染原因として考えられるものがないことです。

これらを満たした場合は、病態に応じて50万から3600万のB型肝炎給付金を受け取る権利が発生します。

訴訟について詳しい弁護士とB型肝炎給付金の関連記事

当サイト「B型肝炎の給付金について」へのお問い合わせはこちら。B型肝炎訴訟についての詳しい情報やB型肝炎給付金請求の説明会は法律事務所や大阪の弁護士事務所をチェックしてみましょう。さまざまな案件に強い弁護士が在籍する大阪の法律事務所を探そう。