B型肝炎訴訟で給付金を獲得するには

幼少期の集団予防接種等の際、注射器を連続で使用したことが原因でB型肝炎に感染した人には、国から給付金を受け取ることができます。ただ実際に給付金の支給を受けるには、資料を揃えた上で訴訟を起こす必要があり、どのように進めてよいかわからない人が多いのではないでしょうか。

なぜ訴訟を起こさなければいけないかというと、本当に集団予防接種等で感染したかどうかを、裁判で審議するためです。これを証明するのは簡単ではなく、注射器の連続使用による感染というのが基準となっているので、支給されるケースは多くはありません。

B型肝炎の訴訟内容について

一般の人にはあまり知られていないかも知れませんが、集団の予防接種が原因となり、B型肝炎に発症してしまったことがあります。

このことについては、B型肝炎にかかってしまった人たちが、国を相手取り何年も訴訟を起こしてきたことによって、勝訴し給付金を受け取れるまでに発展しました。当初国は認めていませんでしたので、大きな変化であることがあげられます。

訴訟を起こすにあたっては資料などが必要になりますので、弁護士が必要でしょう。大阪などの弁護士に依頼をおこなうことで手続きを進めてくださいますので、まずは可能かどうか相談をおこなってみましょう。

B型肝炎感染者は給付金を受け取る事ができます

B型肝炎は、肝炎ウイルスに感染していると発症します。感染していると、食欲低下や全身倦怠感などの症状が現れますが、多くの場合、自覚症状がありません。本人も長期間感染していることにわからず、肝がんや肝硬変になってしまう場合が多いです。

B型肝炎ウイルスは、多くが血液による感染で、注射器の連続使用やお母さんから感染していきます。感染している方を一次感染者や二次感染者といいます。国に裁判を起こすと、ほとんどの場合給付金を受け取れます。

B型肝炎給付金の額は、症状によって大きく変化していきますが、多くの方が対象となっています。

B型肝炎の訴訟問題について

B型肝炎の給付金制度は支給対象である人が請求せずに諦めてしまっているのが現状です。その大きな要因として、厚生労働省の制度の分かりにくさにあるといえます。

制度自体を知らない、対象だと思わなかったなどの理由からです。

またB型肝炎訴訟を起こすには弁護士の協力が必要不可欠になります。B型肝炎の支給金の対象者は大きく分けて二種類です。集団予防接種によって感染してしまった一次感染者と一次感染者からの母子感染による二次感染者です。

B型肝炎の給付支給を受けるためには必要な証拠書類を揃え弁護士を通して国に対し、請求手続きを行う必要があります。通常の訴訟と異なり、提出する書類が指定されています。

訴訟について詳しい弁護士とB型肝炎給付金の関連記事

当サイト「B型肝炎の給付金について」へのお問い合わせはこちら。B型肝炎訴訟についての詳しい情報やB型肝炎給付金請求の説明会は法律事務所や大阪の弁護士事務所をチェックしてみましょう。さまざまな案件に強い弁護士が在籍する大阪の法律事務所を探そう。