B型肝炎訴訟で給付金を獲得するには

幼少期の集団予防接種等の際、注射器を連続で使用したことが原因でB型肝炎に感染した人には、国から給付金を受け取ることができます。 ただ実際に給付金の支給を受けるには、資料を揃えた上で訴訟を起こす必要があり、どのように進めてよいかわからない人が多いのではないでしょうか。

なぜ訴訟を起こさなければいけないかというと、本当に集団予防接種等で感染したかどうかを、裁判で審議するためです。これを証明するのは簡単ではなく、注射器の連続使用による感染というのが基準となっているので、支給されるケースは多くはありません。