輸血が原因となる事もあるB型肝炎

手術を行う際には、輸血が必要になる事もあります。

しかし、以前は輸血が原因となり、B型肝炎になってしまう人もいました。この様な事がこれ以上、発生しない様にするために、献血で集めた血液はスクリーニング検査と呼ばれる検査を行ってから使用される様になりました。

この様に医療が原因でB型肝炎に感染した人もおり、その中でも集団予防接種が直接のB型肝炎になる原因の場合には、国が被害者の救済を行っています。

現在では、医療の現場における衛生面などについて気を使っている医師や看護師は多いでしょう。そして、これからもこの様な事が発生する事がなく、患者が安全に医療を受けられる様に環境は良くなる事でしょう。