B型肝炎の原因と予防接種の副作用とは

B型肝炎は、B型肝炎ウイルスによる感染症です。体内に入って肝臓にすみついてしまうと、肝硬変や肝臓がんを引き起こす恐れがあります。B型肝炎の原因は、感染した患者の血液や体液と接触したり、輸血を受けたり、無防備な性行為をしたり、消毒不十分な医療器具を使うことが考えられます。

ウイルスも抗体も持っていなければ、不活化ワクチンの予防接種を行うことで予防することができます。ただし、副作用が見られることもあり、接種箇所の痛みや軽い発熱、吐き気、めまい、筋肉痛等が表れることもあります。これらは数日間で治まりますが、稀に重篤な副作用を引き起こすこともあります。

ほとんど知られていないB型肝炎給付金について

昭和の頃の集団予防接種が原因で、B型肝炎に感染した方には、国から給付金が支給されています。受給のためには国相手に訴訟を起こし、これに勝訴する必要があります。審議は国側に不利な内容となっていますので、訴えた側が受給資格を証明できれば、勝訴できる可能性は極めて高いです。

しかし、現在までにB型肝炎訴訟を行なった方は、およそ1万5千人です。全国の推定感染者数45万人と比較すると、大多数の方が訴訟をしていないと分かります。

これはひとえにB型肝炎給付金の情報が周知されていないのが原因でしょう。詳細な情報は、法律事務所にお問い合わせください。

B型肝炎訴訟で重要なのは感染経路のシンプルさ

B型肝炎訴訟で重要なのは、提訴のための資料集めだけではありません。原告の病歴に、染経の可能性がある経路が複数ある場合、敗訴の可能性が浮上してきます。少なくとも、審議の長期化は必至です。

審議の争点となるのは、原告が幼少期に集団予防接種またはツベルクリン反応検査によって、B型肝炎ウィルスに感染したかどうか?という事実確認です。この際、予防接種等以外の感染経路の存在が認められると、どの経路で感染したのかを証明する必要が発生し、勝訴率の高い裁判が途端に難しくなってしまうのです。

B型肝炎訴訟の際は、実績豊富な弁護士に依頼することをお勧めします。

計画的にB型肝炎の給付金を使う

受け取ることができるようになっていくなら、B型肝炎給付金を計画的に使いたいところです。高額な支払いを受けることとなり、今まで利用していた金額が事実上返ってくるようになりますが、それでも計画的に使いたいところもあります。

散財しないように気をつけつつ、残されている金額で何ができるのか考えておきましょう。生存している場合には、治療費に使っていく形になりますので、これからもお金を使っていくようになるでしょう。B型肝炎給付金が多いということは、症状も重く進行する可能性もあり、治療費が今後将来的に必要となってくるので、趣味の金額としては利用しづらいのです。

原因を知るB型肝炎訴訟と給付金の関連記事

当サイト「B型肝炎の給付金について」へのお問い合わせはこちら。B型肝炎訴訟についての詳しい情報やB型肝炎給付金請求の説明会は法律事務所や大阪の弁護士事務所をチェックしてみましょう。さまざまな案件に強い弁護士が在籍する大阪の法律事務所を探そう。