B型肝炎の原因と予防接種の副作用とは

B型肝炎は、B型肝炎ウイルスによる感染症です。体内に入って肝臓にすみついてしまうと、肝硬変や肝臓がんを引き起こす恐れがあります。 B型肝炎の原因は、感染した患者の血液や体液と接触したり、輸血を受けたり、無防備な性行為をしたり、消毒不十分な医療器具を使うことが考えられます。

ウイルスも抗体も持っていなければ、不活化ワクチンの予防接種を行うことで予防することができます。ただし、副作用が見られることもあり、接種箇所の痛みや軽い発熱、吐き気、めまい、筋肉痛等が表れることもあります。これらは数日間で治まりますが、稀に重篤な副作用を引き起こすこともあります。