B型肝炎訴訟について

B型肝炎をめぐる訴訟は、これまで日本国内の裁判所で提起されており、マスコミなどの報道もあり、多くの一般の消費者の間でも話題となりました。

その結果として、B型肝炎を発症した人の中でも、特定の要件をすべて満たしている場合には、公費による検査や治療を受けることができるようになり、患者にとっては経済的な負担を軽くするためにもってこいの状況にあります。

B型肝炎に発症しているかどうかについては、簡単な血液検査を受けることによって判定をすることができるため、これからも積極的に医療機関を受診することが勧められています。

厚生労働省とB型肝炎訴訟

家族や自分自身がB型肝炎訴訟の対象となっている可能性があるという時には、まず何をすべきでしょうか。B型肝炎訴訟ができるかどうかという事は、分かりにくい事もあるかと思われます。

ですので、B型肝炎訴訟の条件について詳細を知る目的で、厚生労働省のホームページを開いてはどうでしょう。B型肝炎訴訟についてかなり詳しく厚生労働省のホームページに記載されているかと思います。

それだけでも、B型肝炎訴訟に該当しているか、もしくは該当しないかという事が把握できるケースもある様です。しかし、感染については自分だけで分からない場合もありますので、病院で検査を受けないといけないという事が予想されます。

B型肝炎の検査、ウイルスマーカーと抗体

B型肝炎に感染しているかどうか、B型肝炎が活動期か回復期かなどを調べるには、血液中のマーカーを検査します。抗原は、HBs抗原とHBe抗原があります。

HBs抗原は、診断確定に用いるマーカーで感染状態を示し、HBe抗原はB型肝炎が活動中で感染力が強いことを示します。

抗体は、HBs、HBe、IgM型HBc、IgG型HBcがあります。HBsは、既往感染と言って既にB型肝炎に感染したけれど今は治っている状態であることを示します。HBeは、非活動性で回復期であることを示しています。IgM型HBcは、発症早期であることを示し、診断確定に用いるマーカーです。IgG型HBcは、発症後期や既往感染を表わします。