B型肝炎の原因と予防接種の回数について

B型肝炎は、B型肝炎ウイルスが体内に侵入することが原因で、肝臓に炎症を起こす病気です。ウイルスは、ウイルス保有者とのキスや性行為などによって、ウイルスが体内に侵入することによって起こります。

かつては注射器や輸血によって感染するケースが多かったものの、現在では規制が厳しくなったためこのようなケースはなくなりました。さて、あまり知られていないものの、B型肝炎には「予防接種」が存在します。これは赤ちゃんが受ける予防接種の一種で、生まれてからすぐに接種させることが出来ます。接種する回数は合計3回で、それぞれ間隔を空けて行います。